札幌保健医療大学

キャリア支援Career Support

本学は、学生一人ひとりが、自己の目標を明確にして生涯学習し続ける専門職業人の育成をめざしています。本学のキャリア支援は、専門職業人として歩み出す関門である「国家試験対策支援」、そして卒業後のキャリア形成としての「進学・就職支援」を行っています。それぞれ学年進行に対応した活動を計画し実施しています。

指導体制

看護学科

1年次

入学時ガイダンスでは看護師、保健師、助産師の看護職をめざして入学した学生に国家試験の概要を分りやすく説明します。学生は、日々の科目を確実に修得する意義を理解します。

2年次

4月のガイダンスでは、「国家試験対策ガイダンス(2年次用)」リーフレットをもとに、2年次の学習の特徴と国家試験について理解を深めます。学生国家試験対策委員を中心に話し合い、秋には低学年模擬試験に挑戦します。

3年次

4月のガイダンスでは、「国家試験ガイダンス」を受講し、秋には模試・補講を体験します。実習スケジュールに対応した実習の事前学習課題に取り組み、実習での学びが国家試験対策につながるように学習します。また、学内にはいつでも利用できる国家試験WEBサービスや10回にわたるDVD聴講講義の環境が整っています。

4年次

本格的な国家試験対策が始まる4年次では看護課題研究の担当教員が丁寧に個別指導します。模試・補講の他に、学内教員による補講を取り入れながら全面的にサポートする環境を整えています。

栄養学科

1年次

「就職活動のてびき」を配布し、4年間の就職活動全般に関するガイダンスを行います。グループワークを通じて、社会と自分自身との関わりや仕事や職業について考え、働く意義を学ぶほか、働く時に大切なコミュニケーション力を磨くための演習や、公務員試験志望者向けの公務員試験ガイダンスも行います。

2年次

現場で働く管理栄養士を招き、「病院」「福祉施設」「行政」「委託給食会社」「企業」において実際にどのような仕事を行っているのかについてお話を聴きます。学生はそれぞれの職場についての理解を深め、自分の進路の参考とします。就職活動準備講座や、働く時に大切な身だしなみ等の接遇マナー講座も行います。

3年次

「自己分析」「小論文の書き方」「伝わるエントリーシート・履歴書の書き方」、「模擬面接演習」など就職試験に必要な技術について講座やメイク講座も行います。キャリア支援室常駐の職員との個別面談を全学生対象に行い、きめ細かにサポートしていきます。

4年次

担任、キャリア支援室常駐の職員、キャリア開発委員(教員)と連携しながら、相談、面接練習等、個別にきめ細かな対応を行っていきます。

ページトップへ