札幌保健医療大学

学科長挨拶Message

社会に期待される
管理栄養士にチャレンジ!
私たちと一緒に、夢をかなえませんか。

昨年、全国ではじめて保健医療学部に新設された栄養学科は、先に開設されていた看護学科と「健康」「生活」「食と栄養」という保健医療に関わるキーワードを共有し、2年目を迎えました。とくに教職課程(栄養教諭1種免許状取得)も設置され、夢の幅を一層拡充しています。
医療、保健、福祉など様々な分野で「食」を通して人々の健康を支え、豊かな生活をもたらす管理栄養士への期待はますます高まっています。栄養学科では、最前線で活躍された先生方による講義や実験・実習、そして臨床現場の量・質共に充実した学外実習を通し、高い専門知識・技術はもちろん、保健・医療チームで大切な多職種との連携・協働力、生涯成長し続けるための資質・能力を身につけた管理栄養士を養成します。また、スポーツ栄養や健康を意識した食品の開発など、管理栄養士の活躍の場が広がっている現状に対応して、学生のうちから現場を体感できる活動を企業や団体と連携して展開しています。さらに、1年次のうちから4年間の学びが国家試験合格、希望の就職先につながるように、きめ細かく指導する体制をとり、夢の実現をサポートします。
札幌保健医療大学の魅力のひとつは、大学が札幌市東区の都市型農業に触れるロケーションにあることです。札幌伝統野菜の札幌黄(たまねぎ)、札幌大球(きゃべつ)などを中心に、大学農園(WILL FARM)を活用して作る・育てる・収穫する、そして調理(加工)する、と「食べ物」について一連で学ぶことができます。「作る」から学べる栄養学科は全国的にもユニークです。
「人間力教育を根幹とした医療人育成」という教育理念のもとで、栄養学科の学びの特色を活かし、人間力と実践力を備えた管理栄養士をめざしませんか。「新しい栄養学科の伝統は自分たちが作る」そんなチャレンジ精神を持って学びに来てください。その想いが、自らを成長させ、未来を切り拓いていく力になるでしょう。

栄養学科 学科長

YOSHIHITO ARAKAWA

荒川 義人

保健医療学部 栄養学科 学科長

農学博士。北海道産素材の機能性成分などを研究。担当科目は食べ物と健康分野の講義、実験。北海道食育コーディネーター会議座長他、多数の社会活動を展開中。メディアにおける「食」の解説なども担当。

ページトップへ