札幌保健医療大学

カリキュラムの概要と紹介Outline and Introduction

授業科目は、「基礎教育科目」「専門基礎科目」「専門科目」から構成されています。
授業形態は、「講義」「演習」「実習」「実験」から構成されています。

01 講義紹介「学びの理解」
管理栄養士として社会で自立して活動するために、大学で何を学ぶのか、また現代社会の健康増進・維持に関わる管理栄養士の役割や使命、専門職者としての職業意識、倫理観などについて学びます。さらに、地域の特性や食生活の特徴、課題などについて、実際に働く管理栄養士の方々の講義で理解を深め、自分のめざす管理栄養士像を明確にします。
講義紹介
02 演習紹介「栄養カウンセリング演習」
栄養教育では、対象者が自らの課題に気づき解決しようとする、個々人に合わせた支援が必要です。この授業では、対象者への行動療法を行うために必要なカウンセリングの理論と実践を学びます。授業では、学童期・青年期・老年期などライフステージ別の食行動の特徴や、摂食障害における食行動などを学び、カウンセリングのスキルを体得します。
演習紹介
03 実習紹介「臨床栄養学実習II」
傷病者の治療に効果のある栄養療法について、実践的に学習します。病院で提供される食事の種類や特徴を理解し、提示された症例について疾患を考慮して栄養状態を評価・判定し、栄養計画の立案、治療食の献立作成、調理まで実習します。また、低栄養を伴う症例を通し、栄養サポートチーム(NST)の活動に必要な知識や技術を学びます。
03 実験紹介
食品に含まれる成分を分離、精製する実験を通して、植物性食品や動物性食品に含まれる成分の特徴を確認し、理解します。また、食品の生産条件、食品の流通・貯蔵や加工によって、食品の成分が変化することを学び、栄養面、嗜好性、安全面と食品の成分の変化との関わりについて学びます。

カリキュラム

  • :学科必修
  • 無印:選択科目
  • :選択必修科目

1年次

基礎教育科目

学修と思考力

言語と表現力

人間と社会

専門基礎科目

社会・環境と健康

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

食べ物と健康

専門科目

管理栄養士論

基礎栄養学

給食経営管理論

2年次

基礎教育科目

言語と表現力

人間と社会

専門基礎科目

社会・環境と健康

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

食べ物と健康

専門科目

基礎栄養学

応用栄養学

栄養教育論

臨床栄養学

給食経営管理論

3年次

専門基礎科目

社会・環境と健康

人体の構造と機能及び疾病の成り立ち

食べ物と健康

専門科目

応用栄養学

栄養教育論

臨床栄養学

公衆栄養学

総合演習

統合科目

臨地実習

4年次

基礎教育科目

言語と表現力

人間と社会

専門基礎科目

社会・環境と健康

食べ物と健康

専門科目

管理栄養士論

臨床栄養学

公衆栄養学

総合演習

統合科目

臨地実習

ページトップへ