札幌保健医療大学

栄養学科の3つのポリシーFeature of Education

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本学において卒業時に取得できる学位の名称は、学士(栄養学)です。人として、医療人として、社会で輝くために、本学では「8つの到達目標」を掲げています。学士の学位を授与されるためには、以下の目標に到達することが求められます。

01
職業人として、日本語および英語の運用能力、ならびに情報リテラシーの基礎を身につけ、これらを用いて論理的な分析と思考・判断および表現する能力を有している。
GOAL
02
自己の良心と社会的規範に従い、社会の一員としての責任感のもとに自己を統制し行動できるとともに、社会のために積極的に関与できる態度を有している。
GOAL
03
生命への畏敬の念と人間の尊厳を守るための倫理的態度を有している。
GOAL
04
社会や環境の人間への影響、および健康との相互関係について基礎知識を有し、人間の生活機構、環境の変化に対応する機構、ならびに疾患の成因から治療、保健医療福祉体制について基礎知識を有している。
GOAL
05
栄養学、食品学の基礎的な知識・技術を有し、あらゆる健康レベルおよび全てのライフステージにある人々を対象に、栄養と食生活に関する課題を評価・判定し、適切な栄養・食事管理を総合的にマネジメントする基礎的な能力を有している。
GOAL
06
地域社会や職域などにおける健康・栄養問題とその要因を総合的に評価および判定し、効果的な教育や支援活動を実践できる基礎的な能力を有している。
GOAL
07
望ましい栄養状態、食生活の改善・管理を目的に、関連職種と連携・協働する基礎的な能力を有している。
GOAL
08
生涯にわたって自ら専門知識や技術の向上をめざして、自己研鑽する能力を有している。
GOAL

教育課程の基本方針(カリキュラム・ポリシー)

栄養学科では、地域の保健医療福祉の発展に寄与する人材の養成を目的としており、この目的を達成するために、教育課程を、教育課程の編成は、社会人としての基盤形成となる「基礎教育科目」と、栄養の専門職としての基盤形成となる「専門基礎科目」および「専門科目」から編成しています。

基礎教育科目
「基礎教育科目」では、「人間」「環境」を中心に、保健医療の共通概念である「学修と思考力」「言語と表現力」「人間と社会」の科目群から構成されています。
基礎教育科目
専門基礎科目
「専門基礎科目」では、基礎教育科目の学修を活用しながら、専門科目を修得するうえでの基礎となる知識・技術の修得を目的として系統的に学修します。「社会・環境と健康」「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」「食べ物と健康」の科目群から構成されています。
専門基礎科目
専門科目
「専門科目」では、基礎教育科目と専門基礎科目を基盤として、管理栄養士に求められる能力を身につけるために、体系的・実践的に学修します。「管理栄養士論」「基礎栄養学」「応用栄養学」「栄養教育」及び「臨床栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」「総合演習」「統合科目」「臨地実習」の科目群から構成されています。
専門科目

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

病気の方に栄養指導を行ったり、生活習慣病の予防や指導、食育など、「食」を通して人々の健康を支え、守るのが管理栄養士の仕事です。栄養管理・栄養指導、栄養状態の評価・判定といった専門職としての役割は、医療の現場でますます大きくなっており、管理栄養士の積極的な活用が社会で求められています。本学科では、これらのニーズに応え、医療人として栄養学、疾病・病態、治療・保健医療体制の基礎知識を身につけ専門分野を担う管理栄養士を育成します。

入学者受け入れの方針
ページトップへ