札幌保健医療大学

カリキュラムの概要と紹介Outline and Introduction

授業科目は、「基礎教育科目」「専門基礎科目」「専門科目」から構成されています。
授業形態は、「講義」「演習」「実習」から構成されています。

01 講義紹介「形態機能学I」
医療従事者として必須である人体の形態と構造について基礎的知識を学びます。はじめに、総論として人体の概要や人体を形成する器官系統について学習し、さらに系統別に骨格系、筋系、脈管系、消化器系、呼吸器系、泌尿器系など、各器官の構造や働きを学びます。
講義紹介
02 演習紹介「看護技術総論」
看護実践を体現する技術の目的と特性を理解するとともに、看護実践の基本的技術を修得します。授業では、看護場面のVTR視聴をもとにした看護技術の討議をはじめ、感染予防、ボディメカニクス、生活環境などについて学んだうえで、ベッドメイキングやリネンチェンジの実施ができるように技術演習を行います。
演習紹介
03 実習紹介
本学は、1年次の夏休み前に1週間の「看護基礎実習Ⅰ」を実施しています。入学後約4カ月間の学内における講義や演習の成果を実際の臨床現場で体験を通して学修します。これらの体験から看護職のイメージをもち、後期の授業や演習に活かし学修を進めていきます。なお、1年~4年次の看護師国家試験受験資格に係る実習施設は、9割以上が札幌市内にある病院や施設となっています(札幌医科大学附属病院、手稲渓仁会病院、時計台記念病院、国家公務員共済組合連合会斗南病院など)。
実習紹介
母性看護実習と在宅看護実習の一部のみ北海道内の病院で行いますが、交通費と宿泊費の一部は大学から補助します。保健師国家試験受験資格に係る実習において遠隔地に行く場合は、選択制のため交通費・宿泊費は自己負担となります。

カリキュラム

  • :学科必修
  • 無印:選択科目
  • :保健師国家試験受取資格取得希望者必修
  • :保健師国家試験受験資格取得希望者限定必修

1年次

基礎教育科目

学修と思考力

言語と表現力

人間と社会

専門基礎科目

個人と健康

社会と健康

専門科目

看護の基本

人間の発達段階と看護活動

養護教諭二種免許取得申請に必要な科目

2年次

基礎教育科目

言語と表現力

人間と社会

専門基礎科目

個人と健康

社会と健康

専門科目

看護の基本

人間の発達段階と看護活動

看護の統合と探求

3年次

専門基礎科目

社会と健康

専門科目

人間の発達段階と看護活動

看護の統合と探求

公衆衛生看護学

4年次

基礎教育科目

言語と表現力

人間と社会

専門基礎科目

社会と健康

専門科目

人間の発達段階と看護活動

看護の統合と探求

公衆衛生看護学

ページトップへ