札幌保健医療大学

本学の概要Purpose of Establishment

1.
我が国および北海道の社会的要請 に応える大学
保健医療学部看護学科

札幌保健医療大学は、2013年4月、看護学部看護学科の単科大学として開学しました。
2017年4月には栄養学科を開設し、保健医療学部として新たなスタートを切りました。
本学は、保健医療福祉面から人々の健康の保持増進、疾病の予防、健康の回復および生活の再構築という社会的使命を果たすため、本学の教育研究上の理念「人間力教育を根幹とした医療人の育成」のもとに幅広い視野と豊かな知性を育み、保健医療福祉や健康科学の知識体系を基盤にして看護学あるいは栄養学の専門知識・技術・態度を教授し、「健康」、「生活」、「栄養」の観点から専門的に支援する、人間力のある医療人の育成をめざすものです。

近年、我が国の保健医療福祉とこれを取り巻く環境は大きく変化し、国民や北海道民の健康ニーズや課題もこれに伴って変化しています。急速に進む少子高齢化社会をみても、社会は保健医療福祉サービスの質を保証する確かな専門知識・技術、一人ひとりの生きる権利を尊重し擁護する倫理的態度と対応、保健医療福祉チームの実効性のある連携・協働、さらには子どもたちの健全な成長発達への支援、高齢者の健康な生活維持への支援、医学的管理下にある入院・入所あるいは在宅の療養者と家族への支援など、多様化する国民・道民のニーズと課題に応えられる専門職業人の活躍が求められています。
特に、平均寿命100歳といわれる近年、人が健康に生き、健康に老いることの大切さに注目されるなか、日々の栄養と食生活への関心が高まっています。保健医療福祉において、管理栄養士の医学的管理・ケアへの参画、地域に暮らす療養者と住民の健康の源である栄養と食生活への専門的支援とともに、健康と生活全般に支援する看護職との連携力の強化が今後ますます重視されることが予想されます。北海道は広域・厳寒の地域特性があり、道民はどこに暮らしていても皆等しく保健医療福祉サービスを享受できることを願っています。本学は、道民の願いに応え、看護職・管理栄養士の専門職教育を行うことを趣旨に設立し、発展し続けています。
札幌保健医療大学は、地域で生活する一人ひとりの健康への支援と安心・安全な環境づくりに熱意をもって行動できる看護職(看護師・保健師)・管理栄養士を地域に輩出し、北海道の保健医療福祉の向上により一層貢献することで、地域に根ざした大学となることをめざしています。

2.
地域の未来につなぐ専門職教育を重視する大学
保健医療学部栄養学科

看護職・管理栄養士の仕事は、人の生命と直結し、健康生活を支える職業です。その職を担う者は幅広い教養と知性を培い、人として成熟することが求められます。具体的には、人間、生活、社会・環境に対する知識と理解力、公共の規範や善行を尊ぶ道義性、他者への共感やコミュニケーション力、多様な状況を読み解く洞察力、自律的な問題解決力、先見的で柔軟な思考と創造的発想力などです。その上で、保健医療福祉に従事する専門職業人として、看護学あるいは栄養学の専門知識・技術・態度のほか、人の生命と環境の安全を守り、人としての尊厳・人権を擁護する倫理観、保健医療福祉における多職種者との連携・協働力、将来も変化し続ける社会と保健医療福祉への対応力、および生涯にわたる継続的な学修力・探究力に係る多くの能力が求められます。本学は、これらの能力の向上や修得を重視した教育をめざすことが本学の設立趣旨です。
この趣旨のもと、本学では保健医療学部に看護学科と栄養学科を併設し、本学の教育的特色の一つとしています。本学は、医療人として栄養学、疾病・病態・治療、保健医療福祉行政の基礎知識などを身につけ、保健医療福祉チームの一員としての役割を認識し、医学的管理・ケアの一翼を担い、医療施設の入院患者や在宅療養者のための栄養管理・ケアができる、また道民の健康満足度を充たす栄養と食生活の支援ができる管理栄養士の育成をめざしています。なかでも、北海道の自然と豊富な農・畜・水産物のもとに独自に発展した食の文化・歴史への理解を深め、北海道特有の生活環境をふまえた健康の維持増進、病気の予防、健康の回復、さらに食生活習慣の再構築に発揮できる管理栄養士の育成を特色としています。
現在、本学の設置趣旨をふまえて、①保健医療学部2学科の合同科目を配置し、合同授業を通して看護職と管理栄養士の異職種理解を深め、仲間意識や多様な価値観の醸成を図るとともに保健医療福祉チームメンバーとしての連携力の育成、②北海道の“地元”にこだわった農作物の大学農場での生産、地元のプロスポーツ選手への保健と栄養・食のサポートを通して「地元を知る」教育、③地域住民への保健・栄養と食生活の向上に係る啓発活動に積極的に参画する教育機会を設け、地域社会と連携した看護職・管理栄養士教育を行い、地域に根ざした大学教育をめざしています。
また、2018年度からは、本学設立の趣旨の一貫として、栄養教育を専門とする栄養教諭の教職課程(選択制)を開設し、子どもたちが家庭で、学校で健康な食習慣を身につけ、健全に成長するための栄養と食生活を支援するスペシャリストの育成を行います。

札幌保健医療大学は、上記の設立趣旨のもと、本学の人的・物的資源を地域住民に還元するとともに地元企業・行政との連携事業を推進することによって、地域保健医療福祉の向上と地域社会の活性化に寄与します。また、本学の卒業生が地域の未来をつくる担い手となることで、地域から必要とされる大学として成長し続けるよう努めています。

ページトップへ