オープンキャンパスお申し込み
  • お問合わせ/資料請求

札幌保健医療大学

オープンキャンパスお申し込み

学部長からのメッセージ

4.16_2_003.JPG
「人間力」を培いながら、夢の専門職に向って進みましょう。

 札幌保健医療大学は、「人間力教育を根幹とした医療人の育成」を教育理念として掲げ、2013年4月、看護学部看護学科の単科大学として開学しました。その後、2017年4月には栄養学科を開設、看護学部を保健医療学部と名称を変え、新たなスタートを切りました。
 誕生間もない本学には、伝統という長い歴史によって敷かれたレールの上を進むのではなく、自ら歩む道を拓きながら進む、そのような強い「自主性」を備えた学生が期待通りに集っています。

 保健医療学部では、看護学科において看護師、保健師、栄養学科において管理栄養士、栄養教諭と、いずれも少子高齢社会を迎え、様々な健康課題を抱えるわが国において極めて社会的ニーズの高い専門職者を養成しています。それぞれの学科において高度な専門知識・技術の修得が図られるのは勿論、社会に出てから現場で求められる多業種との協働に備え、在学中から学科の壁を越えた共通の学びができることも本学の特徴です。
 いずれの専門職者も、多くの人と接し、多くの人のために知識・技術を活かす、その結果として、多くの人から感謝されることで、充実感を得ることができることは他の職業にない大きな魅力といえましょう。
一方で、多くの人から信頼されるためには、他者への配慮、他者の理解につながる「人間力」が不可欠です。そこで、本学における正課内外の教育では、「人間力」を培う多様なプログラムが展開されています。
 
 本学では教職員一丸となって、学生一人ひとりが夢の専門職に向い、学びを深めていくことができるように、極めてきめ細かいサポート体制をとっています。私たちと共に夢を叶えませんか。
保健医療学部 学部長
荒川 義人 YOSHIHITO ARAKAWA
TOPへ戻る