オープンキャンパスお申し込み
  • お問合わせ/資料請求

札幌保健医療大学

オープンキャンパスお申し込み

教員からのメッセージ

%E4%BD%90%E8%97%A4%E9%83%81%E6%81%B5.jpg
人としての豊かさと頼もしさを学びましょう

 私が看護師を目指したきっかけは、小学生の時に入院して出会った心温かい看護師さんが忘れられなかったからです。

 憧れて入学した看護学生の実習で患者さんが、「実習は大変かい、心配だね」と疲れた顔をしている私を察して、声をかけてくださいました。本来であれば私が患者さんを励まさなければならないのに、私が患者さんから励まされたのです。自分に対する情けなさと患者さんの優しい見守りで実習を乗り越えました。

 看護師になって担当した喉頭がんの患者さんがポツリと「やっかいな病気にかかったな」とつぶやきました。私はただ立ちすくむだけで、しばらく沈黙が続き、患者さんが「ありがとう」と言いました。患者さんは徐々に食べ物の通りが悪くなり、不安な気持ちを募らせていたのです。私は何故あの時、「不安ですよね」と一言、患者さんの思いを察して声をかけられなかったのか、申し訳ない気持ちになりました。患者さんの「ありがとう」は「何も言わなくても、わかってもらえればいいんだ」という思いだったのでしょうか。

 看護師は、患者さんとの出会いで経験した励ましや自分の無力さをばねに、自分を磨いていくことができる仕事だと確信しています。多くの人との出会いから自分らしさを見いだし、皆さんが選んだ道を着実に歩んでいきましょう。皆さんとの出会いを楽しみにしています。
札幌保健医療大学 看護学科 教授
佐藤 郁恵 IKUE SATOH
TOPへ戻る