お問合わせ/資料請求
お問合わせ/資料請求

教員からのメッセージ

4.23_6_05.jpg
「食で人を元気にする仕事」、それが管理栄養士です

 私が管理栄養士を目指した理由は、月並みですが、「食べることが好き」だったからです。好きな「食べる」ことに生涯関わっていける仕事がしたいと考え、見つけたのが管理栄養士という専門職でした。

 
 大学で学び始めてすぐに、管理栄養士は、決して「おいしいものをどんどん作る調理師」でも、「料理の試食がたくさんできる仕事」でも無いことが分かりました。その代わりに、人にとって食べることはとても大切なことであり、おいしいものを食べることで人は元気になることを学び、管理栄養士は「食で人を元気にする仕事」だと分かりました。また、おいしいものとは、必ずしも高級食材を使ったレストランの料理とは限らず、旬の時期にとれる食材であったり、相手のことを思って心を込めて作った料理であったりなど、食の質や心のあり方も大きく関わるのだという奥深さも学びました。


 学生時代に学んだことを社会に活かしたいと思い、初めて勤めたのが、保健所の管理栄養士でした。保健所の仕事で関わる地域には、子どもから高齢者まで、病気のある人も、病気の無い健康な人も暮らしています。その一人ひとりに適した栄養管理が大切であることを常に意識して、仕事に取り組み、私の助言に耳を傾け熱心に実践してくださる方、実践し、効果を上げたことを嬉しそうに報告してくださる方など、多くの方々との出会いがありました。管理栄養士の仕事とは、相手に喜んでいただくために行うものですが、その過程において、自分自身が、「元気になったよ」「おいしかったよ」などのうれしい言葉や喜びをいただくことができる仕事だと感じています。

 管理栄養士として活躍する場は、私が勤めた保健所だけでなく、病院、福祉施設、企業など、さまざまな選択肢がありますが、人を元気に、そして、笑顔にする仕事であることは共通しています。
ぜひ、本学の栄養学科で一緒に学び、管理栄養士を目指していただきたいと願っています。
保健医療学部 栄養学科 准教授
百々瀬 いづみ IZUMI MOMOSE
TOPへ戻る