札幌保健医療大学

教員からのメッセージInterview

可能性は無限。
知識も技術も思いきり吸収しよう。

管理栄養士の活躍の場は、実に多彩にあります。 病院や福祉施設、給食センターのほか、スポーツ栄養学を活かしてアスリートを支えたり、JICAなど海外での活躍、料理研究家として独立などさまざまな道があり、私自身、商社でベビーフードの販売促進を担当したり大学病院に勤務してきました。あらゆる場面に活躍の場がある管理栄養士ですが、その本質は「対象者に合わせ科学的な根拠に基づいた栄養管理をすること」にあります。そのために、食品の成分を科学的に学び、体の中でどう代謝、排出されるのかメカニズムを学修します。食を科学的に学ぶ一方で、食は人間にとって大きな楽しみでもあり、管理栄養士のアイデアやセンスを活かせる創造的な仕事であることも魅力です。
栄養・食品・医療・科学など授業で学ぶ範囲は広く、途中ではなかなか気づかないかも知れませんが、4年間で学ぶすべてのことが実は対象者一人ひとりの栄養管理をする上でつながっていて、管理栄養士の土台を作ります。つながりが見えてくると理解が深まり、学びがどんどん楽しくなっていくでしょう。高校時代とは違い、大学は自ら学ぶ場でもあります。自分で課題を見つけながら、積極的に知識や技術を吸収してください。教員はベテランの先生方が多く安心感があります。信頼できる教員、整った施設・設備、そして管理栄養士という同じ目標を持った仲間たち。可能性は無限です。確かな知識や技術はもちろん、人として豊かな感性を育てながらさまざまな新しい試みに挑戦し、実り豊かな4年間を過ごしていただきたいと思います。

久保 ちづる

CHIZURU KUBO

久保 ちづる

教授

研究分野は臨床栄養。保有資格は、管理栄養士、臨床栄養専門師、NST(栄養サポートチーム)コーディネーター。商社や栄養研究所、大学病院などに勤務。道内大学での教員経験を経て、現職。

ページトップへ