札幌保健医療大学

教職課程
(栄養教諭一種免許状)
について
Teaching

私たち人間は、食物を摂取し、「栄養」という営みに役立つ食物の成分を体内に取り入れて生命を維持しています。したがって、健康的に生きるためには、食生活で「栄養」に有用な食物成分を摂取することが不可欠です。しかし、近年、食生活の乱れが顕在化し、児童・生徒においても偏った食物成分の摂取による肥満や痩身が増加などの問題が生じ、家庭だけではなく、学校や地域においても健全な食習慣を身につけるための食育を推進していく必要性が高まり、2005年に栄養教諭制度が創設されました。

栄養教諭とは、学校(小学校・中学校・特別支援学校等)において、食育を推進する重要な役割を担う教諭で、「教育に関する資質」と「栄養に関する専門性」を併せ持ち、学校給食を生きた教材として活用し、効果的な教育を行うことが期待されています。

栄養教諭の職務内容には、「食に関する指導」と「学校給食の管理」があります。

「食に関する指導」とは

  1. 児童生徒への個別的な相談指導
  2. 児童生徒への教科・特別活動等における教育指導
  3. 食に関する教育指導の連携・調整

「学校給食の管理」とは

  1. 学校給食に関する基本計画の策定への参画
  2. 栄養管理(基準に適した献立の作成
  3. 衛生管理(点検、指導等)
  4. 学校給食の検食、検査用保存食の管理
  5. 使用食材料の選定、購入、保管等
  6. 調理従事者への指導等

所定の手続きを経た上で、必要な科目の単位を修得して、本学の保健医療学部栄養学科を卒業した者は、「栄養教諭一種免許状」を取得できます。

教職に関する科目
教職概論 教育原理 教育制度論 教育課程論 教育方法論 道徳教育論 特別活動論 生徒指導論 教育心理学 教育相談論 栄養教育実習事前・事後指導 栄養教育実習 教職実践演習 など
ページトップへ