札幌保健医療大学

カリキュラムの概要と紹介Outline and Introduction

授業科目は、「基礎教育科目」「専門基礎科目」「専門科目」から構成されています。
授業形態は、「講義」「演習」「実習」から構成されています。

カリキュラム

  • :学科必修
  • 無印:選択科目
  • :保健師国家試験受取資格取得希望者必修
  • :保健師国家試験受験資格取得希望者限定必修

1年次

基礎教育科目

学修と思考力

  • 学びの理解
  • 論理的思考
  • 生物学
  • 情報処理
  • 化学
  • 統計分析法

言語と表現力

  • 英語I(基礎)
  • 英語II(会話)
  • 表現技法I(読解・分析)
  • 表現技法II(討議・発表)

人間と社会

  • 心理学
  • 倫理学
  • 現代社会論
  • 生態学
  • スポーツ科学と運動
  • 法と人権
  • 地域社会文化論
専門基礎科目

個人と健康

  • 形態機能学I
  • 形態機能学II
  • 感染免疫学
  • 病態学
  • 生涯発達論

社会と健康

  • 環境保健論
専門科目

看護の基本

  • 看護学概論
  • 看護技術総論
  • 援助関係論
  • 看護技術論I
  • 看護基礎実習I

人間の発達段階と看護活動

  • 成人看護学概論
養護教諭二種免許取得申請に必要な科目
  • 情報管理論
  • スポーツ理論

2年次

基礎教育科目

言語と表現力

  • 英語III(読解)

人間と社会

  • 生活環境論
  • 教育学
  • 社会貢献と活動
専門基礎科目

個人と健康

  • 薬理学
  • 栄養代謝学
  • 臨床心理学
  • 疾病治療論I
  • 疾病治療論II

社会と健康

  • 社会福祉論
  • 生命倫理
専門科目

看護の基本

  • 看護技術論II
  • 看護技術論III
  • 健康教育論
  • 地域保健医療看護論
  • 看護倫理
  • 看護理論
  • 看護基礎実習II

人間の発達段階と看護活動

  • 成人看護活動論I
  • 成人看護活動論II
  • 高齢者看護学概論
  • 高齢者看護活動論I
  • 小児看護学概論
  • 小児看護活動論I
  • 母性看護学概論
  • 母性看護活動論I

看護の統合と探求

  • 家族看護論

3年次

専門基礎科目

社会と健康

  • 疫学
  • 保健医療福祉行政論I
  • 保健統計学I
専門科目

人間の発達段階と看護活動

  • 成人看護活動論III
  • 成人看護実習I
  • 成人看護実習II
  • 高齢者看護活動論II
  • 高齢者看護実習
  • 小児看護活動論II
  • 小児看護実習
  • 母性看護活動論II
  • 母性看護実習
  • 精神看護学概論
  • 精神看護活動論I

看護の統合と探求

  • 在宅看護論I
  • 在宅看護論II
  • 医療安全論
  • 看護学研究法
  • 看護管理論

公衆衛生看護学

  • 公衆衛生看護学概論
  • 公衆衛生看護活動論I
  • 公衆衛生看護活動論II
  • 公衆衛生看護管理論

4年次

基礎教育科目

言語と表現力

  • 英語IV(総合)

人間と社会

  • 文学と人間
  • 国際社会論
専門基礎科目

社会と健康

  • 保健医療福祉行政論II
  • 保健統計学II
専門科目

人間の発達段階と看護活動

  • 精神看護活動論II
  • 精神看護実習

看護の統合と探求

  • 看護課題研究
  • リハビリテーション看護論
  • がん看護論
  • クリティカル看護論
  • 慢性看護論
  • 終末期看護論
  • 国際看護論
  • 看護教育論
  • 在宅看護実習
  • 看護総合実習
  • 実践総合演習

公衆衛生看護学

  • 公衆衛生看護活動論III
  • 公衆衛生看護実習I
  • 公衆衛生看護実習II
  • 公衆衛生看護実習III

ピックアップカリキュラム

1年次看護技術総論
看護実践を体現する技術の目的と特性を理解すると共に、看護実践の基本的技術を修得します。授業では、看護場面のVTR視聴をもとにした看護技術の討議をはじめ、感染予防、ボディメカニクス、生活環境などについて学んだうえで、ベッドメイキングやリネンチェンジの実施ができるよう技術演習を行います。
1年次
1年次形態機能学Ⅰ
医療従事者として必須である人体の形態と構造について基礎的知識を学びます。はじめに、総論として人体の概要や人体を形成する器官系統について学修し、さらに系統別に骨格系、筋系、脈管系、消化器系、呼吸器系、泌尿器系など、各器官の構造や働きを学びます。
2年次看護技術論Ⅱ
看護実践を構成する「看護過程」と「ヘルスアセスメント」について学びます。「ヘルスアセスメント」では、看護の対象となる「人間」とその健康生活を理解するために必要な情報収集の方法や身体を観察する技術を学びます。この学修をもとに「看護過程」では、対象者の理解を前提にして科学的根拠に基づく思考・判断、計画的で論理的な過程について学びます。
2年次
2年次疾病治療論Ⅰ
臨床上重要な内科系疾患について、系統別に病態、診断法、治療法について学びます。学びの到達目標は疾患が生じる原因と病態についてしっかり理解する、疾患の主な診断法について理解する、疾患を治療するにあたって採りうる方法と注意点について学びます。
3年次看護学研究法
看護学の研究の意義・目的、研究過程の概観、研究方法、研究論文の書き方、発表などに関する基礎知識を習得し、看護課題研究で活用できることを目的とします。研究を進めるにあたって必要とされる文献検索の方法や活用方法、研究論文の読み方、帰納的、演繹的推論や研究課題にマッチした研究デザイン、データ収集方法と分析方法について理解すると共に、看護研究における倫理について理解します。また、研究計画書の意義と作成方法について学習します。
3年次公衆衛生看護活動論Ⅰ
保健師国家試験受験資格取得希望者の必修科目です。地域で生活する個人・家族の健康の維持増進・疾病の予防と回復に向けた支援方法(健康相談、家庭訪問、健康診査、健康教育、グループ支援)の特徴と内容を理解し、各方法を展開するために必要な基礎的能力を習得します。
4年次実践総合演習
実習における看護実践を振り返り、これまでの看護の知識・技術、実習経験を統合し、課題を解決するための創造的思考力、看護実践力を培います。本科目は、グループワーク、看護技術演習による学修です。これらの学修を通して、自己の看護実践力に関わる課題を明らかにし、自己成長に必要な対策を立てます。
4年次
4年次看護課題研究
看護に関する自分の興味や疑問から自らの課題を設定し、その解決のためにこれまで学修してきた情報リテラシー、論理的思考力、問題解決力などの技能と看護学研究法で学んだ知識を活用して課題探求に取り組みます。また、研究計画書を作成し、発表を通して論理的表現力や批判力の向上を図ります。
4年次

臨地実習

POINT 01

1年次前期という早期から臨地実習。
本学では、入学後間もない1年次の前期に、1週間の見学実習を行っています。実際の医療現場で看護師の仕事を見学し、チーム医療の中での看護師の役割を学ぶことが目的。現場を知ることで、学生のモチベーションUPにもつながっています。
学内演習の様子(学内演習の様子)

POINT 02

臨地実習先は、札幌市内が中心!
札幌市内にある大学のメリットを生かして、本学の実習先は、9割以上が札幌市内です。学修を進めるうえで、時間的 ・経済的にも大きな負担軽減につながり魅力です。
母性看護実習と在宅看護実習のみ、市内に実習先が不足していることから、一部を帯広、苫小牧、留萌、浦河、倶知安の病院・施設で行います。実習に係る交通費は原則自己負担ですが、看護師国家試験受験資格に係る必修科目の実習において遠隔地に行く場合は、交通費と宿泊費の一部を大学から補助します。保健師国家試験受験資格に係る実習において遠隔地に行く場合は、選択制のため交通費・宿泊費などは自己負担となります。
主な実習先
札幌医科大学附属病院、手稲渓仁会病院、JCHO北海道病院、斗南病院、市立札幌病院、札幌東徳洲会病院、北海道がんセンター、北海道立子ども総合医療・療育センターなど

4年間の実習の流れ

4年間の実習の流れ

PICK
UP!

小児看護実習
小児期の健康課題・問題を持つ子どもと家族に対しての看護実践展開能力を習得します。子どもの成長発達段階に応じた看護のあり方を学ぶと共に、小児を取り巻く保健・医療・福祉および教育の連携の重要性を学びます。

PICK
UP!

成人看護実習II
慢性期にあり、生涯にわたり疾病のコントロールを必要とする方の健康課題と、対象者とその家族の生活習慣の特徴を理解します。自己管理を支えるための看護実践と、地域の保健医療福祉チームとの連携を学びます。
ページトップへ