札幌保健医療大学

在学生からのメッセージInterview

「これまでの考え方が変わる、
そういう学びや出会いが大学にはある。」

木村 奈都美さん

看護学科4年

木村 奈都美さん

室蘭清水丘高校出身

大学生になって成長したこと。

3年次の臨床実習で出会った指導者の方が、「学生だからできること、感じられることがある」と、まだまだ未熟な私たちを受け入れてくださって。感激しましたし、私もこんな風になりたいと心から思いました。私自身かつては、どうしてこうなんだろう?と人の苦手な点にばかり目がいっていましたが、そうではなく、人には必ず良いところ、強みがあって、それを考えたり、見つけることができるようになったことが、この3年間での自分自身の大きな成長です。

卒業後の夢。

将来について、今、興味があるのが産業保健師です。仕事で頑張っている世代は、家族という守るものがありながら、つい自分の健康を後回しにしてしまうように思います。病気を治すための手助けをするのはもちろん、それ以前に、病気が予防できれば、自分も家族も安心して暮らせますよね。あるいは病院で、私を指導してくれた、学生に教える臨床指導者にも興味があります。働き盛りの方や学生さんなど頑張る人の力になりたい、それが私の将来の夢です。

「高校とはまったく違う大学生活。
目標に向かって一歩ずつ前進する毎日です。」

長野 日菜子さん

看護学科2年

長野 日菜子さん

札幌清田高校出身

札幌保健医療大学を選んだ理由。

看護師と保健師の両方をめざせること、また、1年次の前期という早い段階で最初の実習があることに惹かれ、進学を決めました。1年次の見学実習では、いくつかの班に分かれて、さまざまな診療科に訪問するのですが、私たちのグループは歯科口腔外科に行きました。舌の手術をしたばかりの患者さんなど、うまく話せない、コミュニケーションが取れない相手の気持ちもちゃんと察して対応する看護師さんに感銘を受けました。ハードだなと思う反面、頑張らないと!と刺激にもなりました。実際の現場は、心にぐっときます。

自分のどんな面を磨きたいか。

入学するまでは看護師は、単に憧れの職業でしたが、この大学で1年間学んでみて理想の看護師像がより明確になりました。これまでは患者さんに信頼される看護師になるのが夢でしたが、そのためには確かな知識が欠かせないことを学びました。知識も技術も両面を磨いて、患者さんはもちろん、そのご家族にも信頼される看護師・保健師をめざしていきたいです。

ページトップへ