札幌保健医療大学

2018.11.08 | お知らせ

看護学科1年生対象の三職種講演を開催しました

11月8日(木)に看護学科1年生を対象にした「三職種講演」を行いました。

看護学科1年生を対象に、看護師、保健師、助産師としてご活躍されている先輩をお招きして、目指したきっかけや仕事内容、やりがいなどをお話していただきました。

改めまして、講師の皆様、心よりお礼申し上げます。

以下、寄せられた感想です。

(講演全体について)
・「先輩がなぜその道を目指したのか、なぜその病院を選んだのかを知り、自分が将来を決める時の参考になると思った。」
・「大学の4年間のうちにやっておくべきことや、今の勉強がどれだけ大切になってくるかがわかった。勉強へのモチベーションが上がった。」
・「4年間という学生生活の中で、自分のやりたいことをしっかり見つけたい。」

(看護師の講演について)
・「自分のやりたいことにあわせた病院を選ぶことが大切だと思った。」
・「看護師になったあとのキャリアなどが具体的に知ることができた。」

(助産師の講演について)
・「自分は看護師のみを目指していたが、助産師さんの話を聞いて助産師に憧れた。助産師になりたいなと思った。」
・「助産師さんの話を聞く機会はあまりないので貴重な時間だった。」

(保健師の講演について)
・「保健師の仕事を具体的に知ることができて良かった。卒業生の話だったので少し親しみをもって聞くことができた。」
・「私は将来保健師になりたいと考えているので、今日の講演で保健師の具体的な仕事内容を直接保健師さんから聞くことができて、本当に参考になった。そして、より一層保健師になりたいと思った。」





ページトップへ