札幌保健医療大学

学科長挨拶Message

日々の学び、人との交流を通して、「心」を育もう。

本学は2013年に看護学部看護学科単科の大学として開学し、今年2017年3月には第一期生が社会へ第一歩を踏み出しました。4月からは新たに栄養学科が設置され保健医療学部看護学科としてスタートします。
今日、人々の健康意識や価値観は多様化し、看護職にはこれまで以上に保健医療福祉分野の直面する課題に、さまざまな専門職と連携、協働しながら解決していく力が求められています。看護学科のカリキュラムでは、1年次より栄養学科と合同科目が配置され、「看護」と「栄養」それぞれの専門性から保健医療職をめざす学生たちがともに学び合います。自ら考え、自らの言葉で表現し、自ら行動する力を4年間のさまざまな人との出会いや学修から養い「看護の立場から社会に貢献できる人」をめざします。
看護は、人々の命や健康そして生活を支える仕事です。人が生まれること、老いること、病むこと、死ぬこと、この生老病死に関わるということは、時には命と向き合うことになります。看護者として最も基本的かつ重要なことは「かけがえのない命を大切にする心」です。また、相手が何を思い、何を感じ、何を望んでいるのか心を寄せて真摯に向き合い、出会った「一人ひとりを大切にする心」です。この「心」の成長は、仲間たちとの日常生活を通して、また学内での講義、演習を通して、さらに病院や施設における臨地実習での生きた学びを積み重ね、看護の創造性や喜び、厳しさを体験することで育まれることを期待します。看護職をめざす皆さん、ともに学び合いましょう。

Yukiko Inoue

井上 由紀子

保健医療学部 看護学科 学科長

研究分野は小児看護学。小児看護の臨床経験13年を経て看護教育に携わり20年目を迎える。

ページトップへ