お問合わせ/資料請求
お問合わせ/資料請求

教育目的・特色

教育目的

栄養・食生活の改善等の専門職者として、社会生活にも知的活動にも必要な知識・理解、汎用的技能、態度・志向性、創造的思考力の修得のもとに、栄養学分野において管理栄養士としての基礎的な知識および基本的な技術と態度、多職種との連携・協働力、専門職業人として生涯成長し続けるための基盤となる資質と能力を培う。

到達目標

  1. 職業人として、日本語および英語の運用能力、ならびに情報リテラシーの基礎を身につけ、これらを用いて論理的な分析と思考・判断および表現する能力を有している。
  2. 自己の良心と社会規範に従い、社会の一員としての責任感のもとに自己を統制し行動できるとともに、社会のために積極的に関与できる態度を有している。
  3. 生命への畏敬の念と人間の尊厳を守るための倫理的態度を有している。
  4. 社会や環境の人間への影響、および健康との相互関係について基礎的な知識を有し、人間の生活の機構、環境の変化に対する機構、ならびに疾患の成因から治療、保健医療福祉体制について基礎的な知識を有している。
  5. 栄養学、食品学の基礎的な知識・技術を有し、あらゆる健康レベルおよび全てのライフステージにある人々を対象に、栄養と食生活に関する課題を評価・判定し、適切な栄養・食事管理を総合的にマネジメントする基礎的な能力を有している。
  6. 地域社会や職域等における健康・栄養問題とその要因を総合的に評価および判定し、効果的な教育や支援活動を実践できる基礎的な能力を有している。
  7. 望ましい栄養状態、食生活の改善・管理を目的に、関連職種と連携・協働する基礎的な能力を有している。
  8. 生涯にわたって自ら専門知識や技術の向上をめざして、自己研鑽する能力を有している。

栄養学科の特色

1.「作るところ」から学ぶ栄養学の教育展開

本学周辺は、札幌の農業開拓地です。今はこの伝統を受け継ぎ、都市型農業を支える地域です。その立地条件を活かして、本学科は「WILL FARM」と栄養学科1期生らが命名した大学農場を整備し、入学時からの「WILL FARM」での栽培、収穫等の体験を通し、管理栄養士の学びの基本となる「食の大切さ」を「作るところ」から学んでいます。この体験は「食といのち」の深い関わりを理解するとともに、教育理念である「人間力」を育成の一環となっています。「WILL FARM」の収穫物は、調理学実習や食品科学実験、その他も様々な商品開発に応用されています。

2.多様な学修機会の設定から、人間力、実践力を培う管理栄養士教育

本学の教育理念の具現化を目指し、本学科の正課教育では看護学科との合同授業や小グループ学修、実験、学内実習、演習、特別授業などを設けています。また正課外教育では、大学祭や体育大会、あるいはサークル活動など、学生自ら積極的に参加することでコミュニケーション力、協調性等が身につき、将来、「人間力」豊かな管理栄養士として活躍する基礎を培っています。実際に、1年次の調理学実習等では、食関連企業の最先端で活躍する方を招いた特別授業を展開しています。課外活動では、プロやアマチュアのスポーツチームに対する栄養サポート、地域の食育活動や栄養教育等に教員とともに参加し、実践力を培っています。これらの課外活動は社会からも高く評価されています。

3.栄養教諭一種免許状の取得

食生活の乱れに起因する生活習慣病の蔓延やその若年化が進行したわが国において、この危機的状況を改善するために、平成17年に食育基本法が制定され、栄養教諭制度が開始しました。これまでの「栄養職員」から、教員の一員として児童・生徒の「食の指導」を担う「栄養教諭」が誕生したのです。本学科では卒業要件に加え、「栄養に係る教育に関する科目(4単位)」と「教職に関する科目(18単位)」を履修することで「栄養教諭一種免許状」を取得できます。教職課程の学びでは「WILL FARM」での体験や課外活動での子ども食堂の体験、また地域の生産者との関わりの機会を設け、国が理想とする「食の生産」と児童・生徒をつないだ教育指導を実践できる「栄養教諭」を養成します。

4.臨地実習に重点を置き、学生自ら目標を定め、専門性を深める基盤形成

本学科は、3年次から4年次にかけて「給食経営管理論」、「公衆栄養学」、「臨床栄養学」の臨地実習を厚生労働省の規定より約2倍の単位数で科目を配置しています。また、「スポーツ栄養学」、「国際栄養学」、「食品機能学」、「総合演習」、「卒業研究」など、将来目指す専門分野の選択とより専門的な基盤を形成するための教育を行っています。これらの科目を自ら選択、履修することで、卒業後に社会から期待される実践力の向上を図っています。

5.学生の少人数指導体制によるきめ細やかな支援と指導

本学科では、年次ごとに3名の教員を「担任」として配置し、学生一人ひとりの大学生活や学修を支援する体制をとっています。また、学生のキャリア開発を支援する教員を配置し、1年次から国家試験対策の実施や就職情報の提供等、きめ細かな指導を行っています。さらに、オフィス・アワー(学科教員に対して学生が自由に指導・相談を受けることができる時間)を設定し、「担任」やキャリア開発担当教員以外の教員にも気軽に相談できる体制にしています。

6.管理栄養士が担う、その他の食関連資格の取得

国や都道府県では、流通する「食」の安全性を確保するために「食品衛生監視員」を配置しなければなりません。近年、この職域に進出する管理栄養士が著しく増加しています。本学科では、4年間で学ぶ管理栄養士養成のカリキュラムの中で、必要な選択科目を履修することで「食品衛生監視員」の採用試験を受験できる資格が取得できます。同様に、食品製造業などでは「食品衛生管理者」の配置が義務となっていますが、本学科を卒業後に食品企業などで製造業務に任用された場合、「食品衛生管理者」として業務を担うことができます。
TOPへ戻る