お問合わせ/資料請求
お問合わせ/資料請求

地産地活への貢献

地産地活への貢献

本学では、地域貢献・社会連携活動の一つとして、栄養学科教員と学生、そして北海道内の食品企業等と共同で、道産農産物を活用した商品やレシピの開発を通じ、地域の産物を地域で活用する「地産地活」を展開しています。
栄養学科の開設年度(2017年度)には、和洋菓子・パンの専門店「もりもと」と協力し、新しいタイプのお菓子「風の子 もちっこ あずきのこ」を発売。原料に本学園のルーツである遠別町の「風の子もち」や十勝産の小豆、網走産のビートオリゴ糖などを用い、産学官連携事業として商品化したものです(写真)。学生たちは、商品の味、形、命名、包装材のデザインなどを提案し活動しています。翌年(2018年度)には、同じ遠別町のもち米と幻の玉ねぎといわれる伝統品種「札幌黄」を使用した「おかき」を「北海道米菓フーズ」との協力で開発し、販売間近な状況です。また、本学の農場で生産されたキャベツの伝統品種「札幌大球」を用いた惣菜をメーカー「農家の息子」との協力でデパチカ商品として開発し期間限定で販売しています。さらに、札幌市役所食堂(滝本食品)と共同で「札幌黄」を使ったランチメニューを開発し提供しています。このほか、「札幌黄」の特性を活かしたカレーパン開発など、現在進行中の商品やメニューも含め、今後、一層の「地産地活」を目指します。
TOPへ戻る