札幌保健医療大学

2018.03.29 | お知らせ

北ガス主催の「SAGATIK SPRING FAIR 2018」に本学栄養学科が参加しました

 平成30年3月25日(日)に北海道ガスショールーム「SAGATIK」にて、「SAGATIK SPRING FAIR2018」が開催され、本学栄養学科の学生3名と教員が参加し、札幌の伝統野菜である幻の「八列とうもろこし」を使用したクッキー試食会を行いました。

 今回、使用した「八列とうもろこし」は、本学栄養学科の学生たちが隣接する大学農園で種をまき、育て、肥料をやり、収穫したものです。“地域”の健康増進や生活習慣病予防のための栄養教育・食育活動ができる管理栄養士の育成を目標の一つとしている栄養学科では、“食”のプロとして“作る”ところから学び、また、伝統野菜の栽培を通して地域への理解も深めています。

 原料のとうもろこしは、乾燥させ粉に挽いて使用しました。粉の挽き具合を変えて、粒の残る「コーングリッツ」とさらさらの「コーンミール」の2種とし、それぞれの粉を使用したクッキーを作りました。会場で焼きながらの試食会で、来場者の方には甘く香ばしい香りとともに食感の違いをお楽しみいただきました。来場者の方からは「つぶつぶとした食感が美味しい」「素朴で優しい味わい」などのお声をいただき、大好評でした。

 当日の総来場者数は310名に及び、大盛況でした。





ページトップへ